痛烈香水の香料に気分は雑

書店に行ったときの物事だ。

私も香水を使うことがあるので、他人のアロマオイルが考えになったりすることがあるのですが、確実に!確実に心地が悪くなるほど香水を押し付けすぎていらっしゃる女性に遭遇したんです。

本当にビックリしました。

「少し鼻が馬鹿なんじゃないの?」として仕舞うぐらい。

通り過ぎたらフワッという香るというレベルじゃないんです。

書店なので本棚があって進路があるか。

その本棚を挟んです反対側にいるのが頷けるぐらい、強烈な香水でした。

アロマオイルとしては生ぬるい感じで・・・

これはどうしてしよんだろう?って。

真っ直ぐ持ち堪えられる感じではなかったので、ほしい文献を買いたかったのを諦めて、違う書店に行きました。

マーケティング拒否になったりしないのかなぁ、と思いつつも、自分が好きなアロマオイルも使いすぎるという他人に迷惑がかかることになるんだ、と実感しましたね。

激しく貴重な、好ましい経験をしたので自分が使っている香水の量が適用なのか何とか、本当に見直してみようと思います。

自分もその夫人と同じようになっていたら不満ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です